ワインをデキャンタに移し替えるデキャンタージュを行う理由は、まず、ワインのボトルの中にできる「澱(おり)」をワインと分けることです。澱とは、ワインの中のタンニンや色素成分が結晶化したもので、澱があるということは、成分がぎっしりしまった高級品の証でもあります。澱は、飲んでも問題ないのですが、苦みがあるため、底に沈んだ澱を残して上澄みの部分だけデキャンタに移すのです。また、ワインを空気に触れさせることでワインの香りが増すことを期待しデキャンタ−ジュする場合もあります。

ブルゴーニュのワインは澱は少ないので、デキャンタージュはしなくても良い。澱ができやすいボルドーの古い赤ワインはデキャンタージュしたほうがいいと言われます。
白ワインには、澱はほとんどできないのでデキャンタージュはしなくてよいでしょう。

おすすめの記事