ピノ・ブラン

ナチュラルで、飲みやすく、エレガントなワインです。初めてアルザスワインを試す方に最適なワインです。ピノ ブランからは緑色が強く出た色合いで、比較的酸味が強いのが特徴です。ピノ オクセロワはフランスのオーセール地方が原産のブドウ品種で、金色がかった色合いと比較的豊かで、厚みのあるワインが作られます。
ピノ・オーセロワ(オーセロワ)種はピノ・ブラン種と良く似ています。オーセロワは酸味の少なめな太った印象の味わいを持つ品種で、多くのピノ・ブラン種に重量感を持たせるためにブレンドしています。ピノ・ブランと表示されたアルザス・ワインにオーセロワだけは含有が可能となっています。
サラダや、鶏肉の料理、ローストポーク、シーフード、パスタなどの軽い食事と合います。

■品種:ピノ・ブラン 50%・ピノ・オーセロワ 50%
■蔵元:F.E. トリンバック
■容量:375ml
■味わい:
透明感が有り、フレッシュでクリーンな味わい。果実の酸味が爽やかなミディアムボディのワインで、後味もスムーズです。若々しさが美味しいワインですが、5~7年間熟成しても楽しめます。
■栽培:
アルザス地方には2種類のピノ(白)があります。ピノ・ブランとピノ・オーセロワです。これら2つの品種を混醸するのが、最も良い結果をもたらします。
■醸造・熟成:
慎重に選ばれたブドウは空気圧によりソフトに圧搾されます。そして、糖分がすべてアルコールに変化するまで、完全に発酵させ、辛口のワインに仕上げます。