サントネー ルージュ

コート・ド・ボーヌ地域の南部にあるサントネーは378haの面積を持ち、その内の124haがプルミエ・クリュ(11クリマ)を生産しています。土壌は粘土‐石灰質で、村の高所には石灰質の湧き水がより多く見られます。サントネーはゆっくり熟成するよう構成されています。通常のヴィンテージは5年~10年、偉大なヴィンテージになると約20年間は熟成・保存させることができます。
温度は13℃~15℃が最適です。あらゆる高級料理、赤身肉のロティや、グリル、マリネに合います。また猟肉類の料理には最高に良いでしょう。中程度の風味がある古典的なチーズにも合います。

■品種:ピノ・ノワール 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■香り:イチゴなどのベリー系の果実やアーモンド、栗の実、プルーンを思わせる香りです。
■味わい:
このワインの力強さは、その構成の強さと、熟成させることによってもたらされる肉付きの良さに因ります。