ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ

ツェル村は、シュバルツェ・カッツ(黒猫)ワイン醸造場で知られるモーゼル川ほとりの有名な村の一つです。ワイン醸造家の飼う猫が、いつもセラーで最高の樽の上に座りこんでいたことから、その猫にちなんでワインの名前がつけられたといわれています。
肉・魚の気軽な料理、又は、ソフトチーズに合います。食前酒、又はパーティーにどうぞ。冷やして、10℃~12℃でされると良いでしょう。

■品種:リースリング種が主体で、ミュラー・トゥルガウとの混醸です。
ミュラー・トゥルガウ種はリースリング種とグートエーデル種の交配種です。
■蔵元:レー・ケンダーマン
■容量:750ml
■香り:白桃、マスカット、洋ナシのようなフルーティな心地よい香り。
■味わい:
やや甘口です。滑らかな果実味があり、軽快でフレッシュ&フルーティーなワインです。