ドメーヌ・マサウ ソーヴィニヨン2005

土壌は粘土-石灰質で、収穫量は1ヘクタール平均40ヘクトリットルにおさえ、よりアロマティックで凝縮感のあるワインを造っています。
圧搾はソフトに行い、約5℃でデブルバージュを行い、発酵中も温度をコントロールします。

品種はソーヴィニョンブラン100%です。