リュリィ ルージュ

コート・シャロネーズはサントネー村の南、コート・ド・ボーヌの南に接しています。コート・シャロネーズの5つのAOCの中で、リュリーは最も北に位置します。このエリアで出来るワインはよくラズベリーの香りが特徴とされる軽めのスタイルですが、これはルイ・ジャド社で造られるワインには当てはまりません。ルイ・ジャド社ではブラックチェリーのような果実味が感じられ、ミディアム・ボディです。
ローストビーフやステーキ、ソースを使った肉料理、あまり強くはないカマンベールなどのチーズと一緒に楽しめます。

■品種:ピノ・ノワール 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■味わい:
ピノ・ノワールが凝縮感のあるように作られ、より幅の広いスタイルに仕上がっており、豊かなタンニンにより優れた骨格を持っています。
■醸造・熟成:
このワインの特徴は比較的若いときにその魅力を発揮しますが、熟成しても楽しめ、収穫後およそ7年間にわたり熟成・保存させることができます。