サン・ペレ

アペリティフとして、また川魚の料理、新鮮なシェーヴルによく合います。

■品種:マルサンヌ主体、ルーサンヌ
■蔵元:M. シャプティエ
■容量:750ml
■色:輝きがあり、緑色の反射光を持つ美しいわら色をしています。
■香り:青りんごと白い花の香りが感じられ、とても新鮮な印象です。
■味わい:
エレガントで、このワインは生き生きとしてミネラル感があります。
■栽培:
ブドウは2つのタイプの土壌からきています。石灰岩土壌はワインに新鮮味を与え、花崗岩の風化による砂質土壌にあるもう1つの土壌はワインにミネラル分と個性を与えます。収穫は手摘みで9月の初めに行います。
■醸造・熟成:
果実全体を圧搾します。低温発酵させ、主にタンクで熟成させ、1/4は樽で熟成させます。樽熟成させたものとタンクで熟成させたものは収穫の翌年の春に熟成させ、春の終わりに瓶詰めが行われます。