コート・デュ・ローヌ ルージュ ”ベルルーシュ”

ベルルーシュの畑は、サブレとセギュレの村にあります。粘土質の土壌に小石が混ざっています。“Belleruche”ベルルーシュの意味は、ベル(=美しい)、ルーシュ(=レース、ひだ飾り)で“美しいレース”のことです。キュヴェ名になります。

■品種:シラー 50%、グルナッシュ 50%
■蔵元:M. シャプティエ
■容量:750ml
■色:紫がかったガーネット色。
■香り:さくらんぼや赤すぐりなどの赤い果実の熟した香りを思わせます。
■味わい:
まろやかでコクがあり、果実味豊かな分、渋味は穏やかで、口の中を十分満たしてくれます。
■栽培:
収穫は手摘みで行われます。
■醸造・熟成:
除梗を行い、約15日間発酵させます。品質を安定させる非常に良質のタンニンがあります。一部は樫の小樽で、その他は大樽で6ヶ月熟成の後、翌春ブレンドされます。