DM・ド・ラ・フェランディエール メルロ2005

収穫は機械で行う。

伝統的な醸造方法を用いる。
果実味を保持し、品種の特長や色あいを得るため低温浸漬(マセラシオン ア フロワ)を約5日間行う。
10日間果皮浸漬で発酵を行う。最低9ヶ月間タンクで熟成。

ガーネット色で赤い果実の香りが心地よいワイン。丸みがあってエレガントでバランスが良い。

<< ヴァン・ド・ペイ特集ページへ