カリフォルニア

恵まれた気候が良質なワインを育む

カリフォルニアワインは、アメリカ全土で生産されるワインの約90%に相当し、事実上アメリカワインといえば、カリフォルニアワインといって過言ではない。明るく強い陽射しが葡萄の糖度や凝縮度を高め、マイクロ・クライメットと呼ばれるサンフランシスコ湾からの霧の冷気が酸味を豊かにする。また、広大な土地に恵まれたカリフォルニアは温暖な地域から冷涼な地域まで気候は様々で各地の気候に適した葡萄品種の研究が進んでいる。カリフォルニアといと軽いワインのイメージが強いが近年はヨーロッパにも負けない上質なワインも数多く造られている。 また、ヴァラエタルシステム(使用した葡萄品種をワインの識別手段として表示する)の導入は上級ワインのの普及に大きく貢献し、多くの新興ワイン産地の手本となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です