1981年にピオ・チェーザレ社では、トレイゾ村にある自分たちのエステート、古くからバルバレスコ用ネッビオーロ種のブドウを生産してきた単一畑にシャルドネ種のブドウを植えました。1985年以来、このシャルドネから数量限定の樫樽熟成の“ピオディレイ”と名付けたワインを生産しています。この“ピオディレイ”シャルドネの生産量は低く、一方、世界各国の消費者の皆様にもピオ・チェーザレ社のシャルドネを楽しんで頂きたいと願っていました。そして1993年9月に収穫したシャルドネの一部をステンレス・スティールタンクで発酵させることにし、よりフルーツ系の個性の生きた、新しいスタイルのシャルドネを造りだすことに成功しました。
“L’Altro”とはイタリア語で“もう一つの”という意味で、高級クラスの“ピオディレイ”に対してこのワインはシャルドネの別の一面を見せています。いわば、“もう一つのシャルドネ”なのです。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ピオ・チェーザレ
■容量:750ml
■色:輝きのあるやや黄色を帯びています。
■香り:熟成させたフルーツを思わせます。
■味わい:
フレッシュで生き生きとしていますが、骨格や複雑味もやや感じられ、バランスも良く余韻も長く感じられます。
■醸造・熟成:
ステンレス・スティールタンク発酵のシャルドネに、同じ収穫後に新樽で発酵・熟成させたシャルドネを25%加えています。

おすすめの記事