モンサント社は、世界各地の特別に恵まれた土地で造られる偉大な白ワインに対して常に最大の敬意を払ってきました。この感性と比類なくエレガントな白ワインを造りたいという意志こそ、ファブリツィオ・ビアンキ氏が長年にわたって続けてきたシャルドネ作りの様々な実践の原動力となったのでした。彼の技術により、香りがより高まり、樫樽の持つヴァニラとスパイスのエッセンスが調和して、より完成されたものになったのです。自社畑バルディ・ガッロ(VALDIGALLO)100%のワインです。バルディ・ガッロは3.5haあります。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:カステッロ・ディ・モンサント
■容量:750ml
■色:色は黄味がかったこがね色。
■香り:このワインの典型的な香りはドライフルーツのはっきりした香りで、他の複雑な香りと良く調和し、持続性があります。
■味わい:
口に含むと、構成のしっかりしたワインであることが感じられ、木樽からくるヴァニラ香がほのかな甘みを与えています。
■醸造・熟成:
50%はステンレス・スティール・タンクで、50%はフランス・アリエール産オークの新樽で発酵・醸造されます。そのまま6~7ヶ月間ほど置かれ、ステンレススティールタンクでブレンドされて瓶詰めを待ちます。

おすすめの記事