モンサント社を代表するワインの一つはキアンティ・クラシコ・リゼルヴァですが、その中の標高310mにある“ガレストロ”という土壌を持つ5haの“イル・ポッジョ”畑から、この貴重なワインが生産されます。長期熟成向けのワインで、イル・ポッジョ リゼルヴァは偉大なヴィンテージのみ生産されています。
ファブリッチオ・ビアンキ氏はオールドヴィンテージも数多く所有しており、エステートに初ヴィンテージの1962年から始まる何千もの数のリゼルヴァを保管し熟成し続けています。そのワインは見事に熟成の軌跡を示しています。100%自社畑(イル・ポッジョ)のワインです。広さは5.5haです。

■品種:サンジョヴェーゼ 90% カナイオーロ+コロリーノ 10%
■蔵元:カステッロ・ディ・モンサント
■容量:750ml
■醸造・熟成:
温度管理されたステンレススティールタンクで発酵され、醸しは約18日間にかけて行われます。スロヴァニア産樫樽(大樽)とフランス産樫樽(バリック)4年間熟成され、瓶内で1年間熟成されます。

おすすめの記事