イル ビアンコ ディ パッソマッジオ IGT

シチリア中北部のカステルブオノに本拠を置くサンタ・アナスタシアは90年代に彗星のごとく登場したワイナリーで、DOC指定のまったくない地域で高品質ワインを造り出しています。醸造を担当するのはイタリアを代表する“エノロゴ”(醸造家)の一人、リカルド・コタレッラです。彼は2001年のワイン・エンシュージアスト誌のワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれており、ロバート・パーカーはコタレッラのかかわったワインのほとんどに高得点を与えるなど、人気実力を兼ね備えた醸造家として世界的に有名です。
2002年はガンベロロッソでウノ・ビッッキエリ(グラス1個)を獲得しています。
魚、白身の肉、ソフト・チーズによく合います。

■品種:インツォリア 60% シャルドネ 20% ソーヴィニヨン・ブラン 20%
■蔵元:サンタ・アナスタシア
■容量:750ml
■味わい:
花の香り、よく熟した果実の豊かな香りがあり、しっかりとしたフルボディです。
■栽培:
生産地はパッソマッジオ、サンタ・アナスタシア、カステルブオノです。収穫は9月に行われます。
■醸造・熟成:
主要品種はシチリアの伝統品種インツォリアです。最新式の醸造方法に基づき、よく熟した国際品種のソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネを収穫し混醸します。醗酵は18~20℃の低温で管理されます。熟成は4~6ヶ月瓶熟成後出荷します。

おすすめの記事