ライン・ヘッセン地区で、1967年に初めて瓶詰めされて以来、特徴的な黒い「クロック」ボトルが使われています。単一品種から造られたワインの味わいは、土壌・傾斜・微小気候によって、タンクごとに異なります。それぞれのタンクを適切にブレンドできるかどうかは醸造家の熟練した技術や経験次第で決められます。各ヴィンテージに最高のものが造られ、そのヴィンテージの特長を失わずに一貫したスタイルを保っています。

■品種:リヴァーナ 100%
(ラインヘッセン地域の選ばれた栽培業者が栽培しています。)
■蔵元:レー・ケンダーマン
■容量:750ml
■味わい:
果実味がより鮮明で、香りと酸味の調和の取れた柔らかい質感がうまくバランスが取れています。 清潔な果実の香りが強く、酸味とのバランスが良く取れています。味わいは調和がとれており、余韻が爽やかで心地よく感じられます。
■醸造・熟成:
12-15℃に温度コントロールされたタンクで3週間発酵され、ブドウの果実味を引き出します。清潔なタンクに移し、上質な澱の上に6-8週間置き、ボディと風味に深みが増します。最新のボトリング技術を用いて、低温の無菌状態で瓶詰めされます。

おすすめの記事