カクテル Tag: 白ワインベース

MARQUIS マルキ

■白ワイン(ミュスカデ)
3/4
■クレーム・ド・カシス 
1/4

ワイングラスに、冷やしたミュスカデと冷やしたクレーム・ド・カシスを3対1の割合で注ぎ、軽くステアする。
キールのロワール版というべきカクテル。ミュスカデの代わりにロワール(サンセールなど)のソーヴィニョン種ワインを使っても良い。その場合はキール・オ・ソーヴィニョンという名前になる。

SPRITZER スプリッツアー

■白ワイン(辛口)
3/5
■ソーダ水
2/5

氷を入れたゴブレットに、冷やした白ワインと冷やしたソーダ水 を3対2の割合で注ぎ、ごく軽くステアする。
アルコール度も味わいも軽やか。オーストリアのザルツブルク で生まれた。スプリッツアーとは、ドイツ語SPRITZEN(はじける) に由来する。

KIR キール

■白ワイン(ブルゴーニュ・アリゴテ)
4/5
■クレーム・ド・カシス
1/5

ワイングラスに、冷やした白ワインと冷やしたクレーム・ド・カシスを4対1の割合で注ぎ軽くステアする。
1945年第2次世界大戦終結直後、ブルゴーニュ地方ディジョン市の市長になったキャノン・フェリック・キールが、ブルゴーニュ地方の特産酒2種類を使って市民たちに愛飲するよう提唱したのが始まり。キールは市長の名にちなんで名づけられた。