白ワイン

オルヴィエート・クラシコ DOC ポッジョ カルヴェリ

ラ・カライアはオルヴィエート・クラシコDOC地区の中心部に古くからあるワイナリーで、128ヘクタールの自社畑を所有しています。醸造を担当するのは、イタリアを代表する“エノロゴ”(醸造家)の一人であり、同社の共同経営者でもあるリカルド・コタレッラです。彼は2001年の“ワイン・エンシュージアスト”誌のワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれ、フランスの名門シャトーもコタレッラをコンサルタントとして迎えるほどの人気実力を兼ね備えています。
ガンベロロッソで98年ドゥエビッキエリ(グラス2つ)を獲得しています。
コクのあるオイル分のあるお料理と合わせると、よいでしょう。

■品種:グレケット、ヴェルデッロ、ドルペッジオ、マルヴァージア、プロカニコ、シャルドネ
■蔵元:ラ・カライア
■容量:750ml
■香り:食べ頃の洋梨、はちみつレモンの甘い香、ほのかな樽香が感じられます。
■味わい:
辛口で、ミディアムボディー。果実味が豊かでボリューム感のある味、アタックは強めです。
■栽培:
畑面積は11ヘクタールで標高海抜350mにあり、火山性土壌に、コルドン仕立てで1HA辺り3500株を植樹しています。収穫量は1ヘクタールあたり6800Kg。 それをワインにすると1HAあたり40HLになります。平均樹齢は13年。収穫は8月~9月に行われます。
■醸造・熟成:
醗酵は16~18℃に温度管理されたアリエール産オーク新樽で行い、その後7℃の低温で12時間置きます。マロラクティック醗酵を実施しています。熟成はアリエール産オーク新樽で2ヶ月間熟成の後、ボトル詰めします。

ヘンケル・トロッケン ドライ・セック

【スパークリング】
ヘンケル&ゼーンライン社は、1832年にマインツで創業され、ドイツのスパークリングワインを代表するワイナリーとして、常に最高のゼクトを送り出しています。ヘンケル・ゼクトは現在、ヘッセンの州都ヴィーナスバーデンの本社より世界90カ国に輸出され、それぞれの市場で、フランスのシャンパンに匹敵する高い評価を得ています。
6℃~8℃で冷やしてお飲みください。お洒落だが、気取らないパーティーなどにどうぞ。

■品種:フランス産シャルドネ
ソーヴィニヨン・ブラン
フランス産ピノ・ノワール
ソミュール地域のシュナン
■蔵元:ヘンケル&カンパニー ゼクトケラライKG(ヘンケル・ゼーンライン)
■容量:750ml
■色:緑がかった淡い黄色です。
■香り:やさしい花のような香りと洋なしのような香りが、きめ細かい泡とともに薫り立ちます。
■味わい:
十分に熟成したエレガントでバランスの良い辛口です。きめの細かいムース状の泡が長持ちします。

シャサーニュ モンラッシェ ブラン

シャサーニュ・モンラッシェはピュリニー、ムルソー、ブラニーの村と並んでコート・ド・ボーヌの南の6kmになる細長いエリアにあります。それらの村はそれぞれブルゴーニュで最も偉大な白ワインを生産しています。ゆっくりと長い時間をかけて熟成します。一般的に8年~12年の間熟成が楽しめます。
しっかりした個性を持つ上質なワインはフォアグラや、クリームソースを使った魚料理、上質のハム、強いソースを使った鶏肉や豚肉を使った料理などの味わい深い個性を持つ料理と一緒に飲んで頂きたいワインです。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■味わい:
伝統的な樫の開放桶による醗酵によって、力強さと厚み、どっしりとした果実味のしっかりしたフルボディの味わいと、薫り高く力強い香りと土壌を思わせる長い残り香が得られます。
■醸造・熟成:
ルイ・ジャド社ではブドウ栽培家からその年毎に最良のブドウを買い付け、自社にて醸造しています。

サン・ヴェラン ”ドメーヌ・ド・クーリ”

サン・ヴェランはブルゴーニュ南部のワインの中で“上品な花”といわれています。マコネ地区のすばらしい白ワインを産する畑の中心にあるミリー・ラマルティヌ道路を通ると、サン・ヴェラン村を見つけることができます。《ドメーヌ・ド・クーリ》はソリュトレの丘の裏側の緩やかな傾斜にあり、AOCプイィ・フュイッセに接しています。
土壌はジュラ紀の粘土‐石灰岩質で、それがシャルドネ種を最良に熟させることができます。
3~8年は熟成・保存させることができます。
温度は11~13℃が最適です。アペリティフにも良く、オマールえびや焼イセエビの料理や、ムール貝の白ワイン煮、詰め物をしたイカの料理などに良く合います。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■香り:の香りが特徴的で、菩提樹や、蜂蜜、かすかにスパイスや、焼いたパンの香りを思わせます。
■味わい:
柔らかな果実味の中にシャキッとした酸味と苦みが心地良く感じられます。
■醸造・熟成:
果実味を保つため、瓶詰めはかなり早めに行わます。

ファブリッチオ・ビアンキ シャルドネI.G.T

モンサント社は、世界各地の特別に恵まれた土地で造られる偉大な白ワインに対して常に最大の敬意を払ってきました。この感性と比類なくエレガントな白ワインを造りたいという意志こそ、ファブリツィオ・ビアンキ氏が長年にわたって続けてきたシャルドネ作りの様々な実践の原動力となったのでした。彼の技術により、香りがより高まり、樫樽の持つヴァニラとスパイスのエッセンスが調和して、より完成されたものになったのです。自社畑バルディ・ガッロ(VALDIGALLO)100%のワインです。バルディ・ガッロは3.5haあります。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:カステッロ・ディ・モンサント
■容量:750ml
■色:色は黄味がかったこがね色。
■香り:このワインの典型的な香りはドライフルーツのはっきりした香りで、他の複雑な香りと良く調和し、持続性があります。
■味わい:
口に含むと、構成のしっかりしたワインであることが感じられ、木樽からくるヴァニラ香がほのかな甘みを与えています。
■醸造・熟成:
50%はステンレス・スティール・タンクで、50%はフランス・アリエール産オークの新樽で発酵・醸造されます。そのまま6~7ヶ月間ほど置かれ、ステンレススティールタンクでブレンドされて瓶詰めを待ちます。

シルヴァネール

この品種はオーストリアが原産の品種です。アルザスにはおそらく17世紀に持ち込まれました。
アペリティフとして、またシーフードとあわせて、非常に美味しいワインです。また、アルザスの名物料理のシュークルートやソーセージとも楽しめます。ピクニックやテラスでの食事に最適です。

■品種:シルヴァネール 100%
■蔵元:F.E. トリンバック
■容量:750ml
■香り:軽やかな果実の自然な香り。熟成すると少し土の香りが出てきます。
■味わい:
軽やかなボディとみずみずしい果実をほおばったような味わいです。
■栽培:
アルザスのシルヴァネールは、13000haのうち、2650haに栽培されています。
■醸造・熟成:
収穫から、3~7年間楽しめますが、3年頃の若々しさが大変楽しめます。

ピースポーター ゴールドトレプフェン リースリング アウスレーゼ

産地:モーゼル・ザール・ルーヴァー地域
ラインホールト・ハート家は、ピースポート村で最古の醸造家です。ハート家がブドウ畑を所有していたという記録は1337年まで溯ることができます。また、ピースポート村は776年から文献が残っている歴史ある村で、ワイン醸造の重要な拠点になるモーゼルの有名な村の一つでもあります。美しい緑の渓谷のボール状の地形は、モーゼルのリースリング種に理想的な気候条件を作り出します。
ピースポート村の中で、6ha所有し、その内の4haがゴールド・トレプヒェンです。モーゼル河に直面したゴールド・トレプヒェンの畑の麓に位置しています。
8℃~10℃で軽く冷やしてお飲みください。アジア料理に合わせても、単独で飲んでも良いと思います。

■品種:リースリング 100%
■蔵元:ラインホールト・ハート
■容量:750ml
■香り:黄金の滴(ゴールド・トレプヒェン)のように、果実味豊かで、モモやトロピカルフルーツの芳醇で魅力的な香りを思わせます。鉱物性の香りも感じられます。
■味わい:
ピースポーターの中でも力強く、個性的なフルーティーさがあり、酸味も生き生きとしています。こくがあり余韻まで果実味が持続します。また、長期の保存に耐えることができます。
■栽培:
深い土壌は風化したデボン・スレート質で、水分は豊富です。長期保存に耐えるリースリングを栽培するには理想的な土壌です。殺虫剤を使わず、有機栽培を行います。収穫時期は遅く、収穫はより選別されます。また、収穫と圧搾の際は非常に慎重に行います。
■醸造・熟成:
培養酵母は添加せずに、天然の酵母で低温発酵するよう温度コントロールされています。ワインは高品質なステンレスタンクと、一部分は木樽でゆっくりと注意深く、熟成させます。

ピースポーター ゴールドトロップヒェン アウスレーゼ

グアド デ ジェモリ

カベルネ・ソーヴィニヨン80% メルロ20%
■蔵元:Giovanni Chiappini (Bolgheri地区)[ジョヴァンニ・キアッピーニ]
1995年から自家消費と知人のためだけにワインを造っていたが、あまりにも美味しいと評判を呼び、2000ヴィンテージより瓶詰めして販売することに。畑はあのオルネッライアの隣。グアド・デ・ジェモリ2001は、イタリアソムリエ協会が発行する評定誌「BIBENDA」第8号のボルゲリ特集で、マッキオレやオルネッライアなどを抑えて、堂々の得点第2位に輝いた。

ソアベ クラシコ ヴィラ レジーナ D.O.C

ヴェローナの東20Km、小高いブドウ畑の丘が波打つ中に、イタリアが誇る白ワイン“ソアヴェ”の生産地であるSoaveの町があります。数あるメーカーの中にあって、カンティーナ・ディ・ソアーヴェ社は1930年に設立され、現在630に上る栽培業者によって構成されている同地区最大の協同組合です。所有するブドウ畑は2500haにのぼり、そのほとんど全部がDOCゾーンに含まれています。
軽く冷やして(8℃~9℃)お飲み下さい。

■品種:ガルガネーガ 70% シャルドネ+トレッビアーノ 30%
■蔵元:カンティーナ・ディ・ソアーヴェ
■容量:750ml
■色:透明度があり、麦わら色をし、軽く緑色の反射光を持ち,輝きを持ちます。
■香り:デリケートなブーケを持ち、かすかにアーモンドが漂います。
■味わい:
辛口で軽やか、ソフトな口当たりです。
■栽培:
ブドウの収穫は手摘みで行われます。
■醸造・熟成:
発酵は20日間、18℃で、醸造はステンレスタンクで行います。

ヘンケル・トロッケン ドライ・セック 375ml

【スパークリング】
ヘンケル&ゼーンライン社は、1832年にマインツで創業され、ドイツのスパークリングワインを代表するワイナリーとして、常に最高のゼクトを送り出しています。ヘンケル・ゼクトは現在、ヘッセンの州都ヴィーナスバーデンの本社より世界90カ国に輸出され、それぞれの市場で、フランスのシャンパンに匹敵する高い評価を得ています。
6℃~8℃で冷やしてお飲みください。お洒落だが、気取らないパーティーなどにどうぞ。

■品種:フランス産シャルドネ
ソーヴィニヨン・ブラン
フランス産ピノ・ノワール
ソミュール地域のシュナン
■蔵元:ヘンケル・ゼーンライン
■容量:375ml
■色:緑がかった淡い黄色です。
■香り:やさしい花のような香りと洋なしのような香りが、きめ細かい泡とともに薫り立ちます。
■味わい:
十分に熟成したエレガントでバランスの良い辛口です。きめの細かいムース状の泡が長持ちします。