白ワイン

シャブリ・プルミエ・クリュ ”フルショーム”

シャブリはブルゴーニュ地方の北部にあり、ディジョンとパリの行程のちょうど真ん中に位置します。大陸性気候と泥灰土‐石灰岩土壌がうまく組み合わさり、シャブリの特徴的な性格を形成しています。約720haあるプルミエ・クリュ畑にはシャルドネ種が100%植えられています。プルミエ・クリュは40畑あります。フルショームはシャブリ・プルミエ・クリュの中で最も高品質なワインのひとつです。
良好な年となれば10年、偉大な年となればさらに10年以上熟成させることができます。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■色:透明度があり、輝きのあるイエローです。
■香り:グレープフルーツや洋ナシ等のさわやかな果実や、白桃などの甘みを感じさせるような熟した果実の香りです。またスパイスや、ミネラルなどの香りで、ふくよかに感じられます。
■味わい:
深みのある味わいです。生き生きとした、しっかりとした酸味がありながら、ふくよかな果実味がボリューム感を生み出しています。果実味にとけこんだ苦味が、余韻に心地よい印象を与えます。

グラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング ゼクト

中部モーゼル地区のグラーハ村にあるオットー・パウリー醸造所は、家族経営のワイン生産者です。その歴史は大変古く、1630年に最初の商取引があったことが記録として残っています。
例えば、焼きたてのクロワッサンや、豆を煎ったコーヒーのいい香りが心を和らげるそんな休日の朝の終わりにフレッシュで生き生きとしたゼクトはいかがでしょうか。まさに素晴らしい一日の始まりにふさわしいゼクトです。又、特別な機会にも、例えばウェディング、誕生日、新年のお祝い、公の行事、プレゼントにもこちらのゼクトをお勧め致します。
■蔵元:オットー・パウリー
■種類:スパークリング
■品種:リースリング100%
モーゼル・ザール・ルーヴァーのグラーハー・ヒンメルライヒ村から収穫されたリースリングを使用しています。
■色:輝きがあり、やや緑がかった黄色をしています。泡は細やかで長く続き、繊細です。
■香り:ピーチの良い香りがし、シトラスの香りが強く感じられます。それはシャンパーニュの味わいについてよく言われる典型的なイースト香のするものではなく、リースリング種の特徴的な爽やかさと香りの豊かさが感じられます。
■味わい:爽やかな印象で、しかも重みや深みがあります。良くバランスが取れ、フレッシュで熟成にも耐えられます。

グラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング ゼクト
created by Rinker

タバリ シャルドネ・レセルバ・エスペシアル

ビーニャ・タバリは、Vina San Pedor Agricola とGanadera Rio Negro Ltda.のジョイントベンチャーにより、2003年8月に設立されました。同社はチリ北部で最高のワインを目指し、1993年にすでにプロジェクトは開始されておりました。アカタマ砂漠や海に近い温暖で夜は涼しいことから、ゆっくりと葡萄が成熟し、複雑性に富み、力強さと上品さがあるワインが造られます。

澄んだ黄金色で、フレッシュで、しっかりした複雑性のある香りがします。
ミネラル感のあるアロマがエレガントに漂い、ほのかに蜂蜜や柑橘類の香りがします。熟成による滑らかさを感じさせ、バランスのよい酸とバターの心地よいニュアンスがあります。余韻にはトーストしたようなアロマが残ります。

蔵元:ビーニャ・タバリ
種類:白
品種:シャルドネ100%

タバリは生産1年目にして30個もの国内外の賞を受賞し、「First Annual Wines of Chile Awards」を受賞し、2つのワイン、シャルドネ・スペシャル・リザーブ2003およびシラーズ・リザーブ2002に、それぞれのカテゴリーで最高の賞を授与しました。その他に、インターナショナル・ワインチャレンジ2005でシャルドネが金賞を受賞し、シラーズがデキャンタ・ワールドワイン・アワード2005(英国)でトロフィー、ワイン&スピリッツ誌(米国)で92点を獲得しました。

シャブリ ”セリエ ド ラ サブリエール”

シャブリはブルゴーニュの最北にあり、ディジョンとパリの中間地点にあります。大陸性気候で、暑い夏、寒い冬、春には霜がおります。AOC シャブリは“ル・セラン”川の両岸の石灰岩質の小さな丘に広がっています。
若いうちに飲まれると酸味が心地良いが、5年間は容易に熟成させることができます。
上品なハム・ソーセージ類(シャルキュトリ)、エスカルゴ、羊乳のチーズやグリュイエールチーズと非常に良く合います。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■香り:グレープフルーツ等の新鮮な柑橘系の果実や白い花々を思わせる香りを入り混ぜた、様々な香りがします。
■味わい:
果実味のある、心地よい味わいです。
■栽培:
土壌はシャブリのワインを特長的なものにする、石灰質の泥灰土質(キンメリジャン)です。
■醸造・熟成:
シャブリ“ラ・サブリエール”の一部分はステンレスタンクで発酵され、他は樽で発酵されます。その後数ヶ月間熟成されます。

グラーハー・ヒンメルライヒ リースリング カビネット

南斜面のグラーハの畑は、風の少ない陽だまりの丘にあり、「ヒンメルライヒ(天国)」と称される畑です。オットー・パウリー家は、グラーハ村にこの家を見出してから30年程になりますが、常に優れた品質のワインを産み出し、ただその産量の少なさに嘆いています。おいしい酸に特色があり、ブドウを贅沢に絞ったおいしさがわかるワインです。
温度は8~10℃が良いでしょう。日本料理(すし、刺し身)、シーフードに良く合います。

■品種:リースリング 100%
■蔵元:オットー・パウリー
■容量:750ml
■味わい:
爽やかな酸味があり、アルコール度数は低めです。夏向きのワインです。
■栽培:
ブドウ畑は南または南西向きの傾斜にあり、ミネラル分が多く、粘板岩土壌です。

インツォリア ビアンコ シチリアーノ

シチリア中北部のカステルブオノに本拠を置くサンタ・アナスタシアは90年代に彗星のごとく登場したワイナリーで、DOC指定のまったくない地域で高品質ワインを造り出しています。醸造を担当するのはイタリアを代表する“エノロゴ”(醸造家)の一人、リカルド・コタレッラです。彼は2001年のワイン・エンシュージアスト誌のワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれており、ロバート・パーカーはコタレッラのかかわったワインのほとんどに高得点を与えるなど、人気実力を兼ね備えた醸造家として世界的に有名です。
2002年はガンベロロッソでドゥ・ビッキエリ(グラス2つ)を獲得しています。
魚介料理に良く合い、アペリティフにも最適です

■品種:インツォリア 100%
■蔵元:サンタ・アナスタシア
■容量:750ml
■味わい:
シチリアの伝統品種を使ったインツォリアは心地よいライトボディで、フレッシュ&フルーティな味わいです。
■栽培:
生産地はサンタ・アナスタシア、カステルブオノです。収穫は9月に行われます。
■醸造・熟成:
収穫されたブドウはやさしく圧縮され、ブーケの香り豊かなマストは元々の香りを保持するため、18~20℃に低温管理されます。熟成は3~4ヶ月間ステンレス・スティールタンクで行います。

サン・ヴェラン ”ドメーヌ・ド・クーリ”

サン・ヴェランはブルゴーニュ南部のワインの中で“上品な花”といわれています。マコネ地区のすばらしい白ワインを産する畑の中心にあるミリー・ラマルティヌ道路を通ると、サン・ヴェラン村を見つけることができます。《ドメーヌ・ド・クーリ》はソリュトレの丘の裏側の緩やかな傾斜にあり、AOCプイィ・フュイッセに接しています。
土壌はジュラ紀の粘土‐石灰岩質で、それがシャルドネ種を最良に熟させることができます。
3~8年は熟成・保存させることができます。
温度は11~13℃が最適です。アペリティフにも良く、オマールえびや焼イセエビの料理や、ムール貝の白ワイン煮、詰め物をしたイカの料理などに良く合います。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■香り:の香りが特徴的で、菩提樹や、蜂蜜、かすかにスパイスや、焼いたパンの香りを思わせます。
■味わい:
柔らかな果実味の中にシャキッとした酸味と苦みが心地良く感じられます。
■醸造・熟成:
果実味を保つため、瓶詰めはかなり早めに行わます。

グラーハー ヒンメルライヒ リースリング シュペトレーゼ

産地:モーゼル・ザール・ルーヴァー地域
南斜面のグラーハの畑は、風の少ない陽だまりの丘にあり、「ヒンメルライヒ(天国)」と称される畑です。オットー・パウリー家は、グラーハ村にこの家を見出してから30年程になりますが、常に優れた品質のワインを産み出し、ただその産量の少なさに嘆いています。おいしい酸に特色があり、ブドウを贅沢に絞ったおいしさがわかるワインです。
温度は8~10℃が良いでしょう。日本料理(すし、刺し身)、シーフードに良く合います。

■品種:リースリング 100%
■蔵元:オットー・パウリー
■容量:750ml
■味わい:
爽やかな酸味があり、アルコール度数は低めです。夏向きのワインです。
■栽培:
ブドウ畑は南または南西向きの傾斜にあり、ミネラル分が多く、粘板岩土壌です。

イル ビアンコ ディ パッソマッジオ IGT

シチリア中北部のカステルブオノに本拠を置くサンタ・アナスタシアは90年代に彗星のごとく登場したワイナリーで、DOC指定のまったくない地域で高品質ワインを造り出しています。醸造を担当するのはイタリアを代表する“エノロゴ”(醸造家)の一人、リカルド・コタレッラです。彼は2001年のワイン・エンシュージアスト誌のワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれており、ロバート・パーカーはコタレッラのかかわったワインのほとんどに高得点を与えるなど、人気実力を兼ね備えた醸造家として世界的に有名です。
2002年はガンベロロッソでウノ・ビッッキエリ(グラス1個)を獲得しています。
魚、白身の肉、ソフト・チーズによく合います。

■品種:インツォリア 60% シャルドネ 20% ソーヴィニヨン・ブラン 20%
■蔵元:サンタ・アナスタシア
■容量:750ml
■味わい:
花の香り、よく熟した果実の豊かな香りがあり、しっかりとしたフルボディです。
■栽培:
生産地はパッソマッジオ、サンタ・アナスタシア、カステルブオノです。収穫は9月に行われます。
■醸造・熟成:
主要品種はシチリアの伝統品種インツォリアです。最新式の醸造方法に基づき、よく熟した国際品種のソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネを収穫し混醸します。醗酵は18~20℃の低温で管理されます。熟成は4~6ヶ月瓶熟成後出荷します。

サン・トーバン ブラン

サン・トーバンのブドウ畑は、コート・ド・ボーヌ西の高台にあり、北のオーセイ・デュレスに始まりサントネーまで広範囲を見渡せます。その中で、同じくらいの小区域が2つあり、それらは直角に接しています。1つは白亜質の石灰岩質で覆われており、南と南東を向いています。もう一方は土壌は砂利や粘土も含み、より涼しく、より東向きの畑です。5年~8年は熟成・保存させることができます。
上質な料理、クリームを使った魚料理、薄めのタルトやパイ、フォア・グラ、白身肉に良く合います。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■香り:ピュリニー・モンラッシェのようなヘーゼルナッツや良い桃の香りがはっきりと感じられます。
■味わい:
ミディアム・ボディで、スマートなワインです。バランスの取れた酸味、こく、ワインの特質である熟した果実のしなやかなエキス分が調和しています。長い余韻の終わりにはすっきりとした柔らかな樫の風味が残ります。
■醸造・熟成:
樫樽で発酵され、その後瓶詰め前に、12ヶ月間樽熟成させます。