赤ワイン

ロッソ ウンブリア IGT フォビアーノ

ラ・カライアはオルヴィエート・クラシコDOC地区の中心部に古くからあるワイナリーで、128ヘクタールの自社畑を所有しています。醸造を担当するのは、イタリアを代表する“エノロゴ”(醸造家)の一人であり、同社の共同経営者でもあるリカルド・コタレッラです。彼は2001年の“ワイン・エンシュージアスト”誌のワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれ、フランスの名門シャトーもコタレッラをコンサルタントとして迎えるほどの人気実力を兼ね備えています。
フォビアーノはスーパーウンブリアの名に恥じない、ラ・カライア社のフラッグ・シップワインです。
イタリアのワインガイド“ガンベロロッソ”で98年、99年トレッピッキエリ(3グラス)、2000年はドゥエビッキエリ(2グラス)を獲得しています。

■品種:メルロー 70% カベルネ・ソーヴィニョン 30%
■蔵元:ラ・カライア
■容量:750ml
■香り:チョコレートやビターなロースト香、なめし皮、ブラックチェリーのリキュール、スモーク、甘草の香りがあります。
■味わい:
凝縮度が高く緻密で濃厚な果実味とタンニンのバランスの良さがあり、柔らかさのある味わいです。
■栽培:
畑面積は8HAで標高海抜350mにあり、小石が多い火山性土壌に、コルドン仕立てで1HA辺り5400株を植樹しています。収穫量は1HAあたり5200kg。それをワインにすると1HAあたり31HLになります。平均樹齢は13年。収穫時期はメルロー9月初旬、カベルネ・ソーヴィニヨンは10月初旬です。
■醸造・熟成:
マストは醗酵後18-20日間マセラシオンする間に数回櫂入れをいます。マロラクティック醗酵を実施しています。熟成はヌヴェール産オークの新樽で12ヶ月間熟成後、清澄やフィルタリングをせずにボトル詰めします。

ピノ・ノワール レゼルヴ

ピノ・ノワールはアルザスでは1000ha植えられており、AOCアルザスの約7.5%を占めています。ここ10年で、43%増えたことになります。ピノ・ノワールは繊細な植物で、選別された土地が必要です。非常に良く排水され、地層は深く、砂質‐石灰質土壌に最適です。
このピノ・ノワールは少し冷やして飲まれると良く、14℃~15℃をお勧めします。また子牛、牛肉、鹿肉などの肉料理、や風味の柔らかいチーズに最適です。

■品種:ピノ・ノワール 100%
■蔵元:F.E. トリンバック
■容量:750ml
■香り:ピノ・ノワール特有の、まだ若々しいイチゴやプルーンの、とても良い果実の香りがします。
■味わい:
一年ごとにより柔らかく、よりフルーティになります。

ヴァルポリツェッラ スペリオーレ ロッカ アラタ D.O.C

ヴェローナの東20Km、小高いブドウ畑の丘が波打つ中に、イタリアが誇る白ワイン“ソアヴェ”の生産地であるSoaveの町があります。数あるメーカーの中にあって、カンティーナ・ディ・ソアーヴェ社は1930年に設立され、現在630に上る栽培業者によって構成されている同地区最大の協同組合です。所有するブドウ畑は2500haにのぼり、そのほとんど全部がDOCゾーンに含まれています。

■品種:コルヴィーナ 40~70% ロンディンネッラ 20~40% モリナーラ 5~25%
■蔵元:カンティーナ・ディ・ソアーヴェ
■容量:750ml
■色:ルビー色が年月とともにガーネット色に変化していきます。
■香り:特長的で、心地よく、フルーティー。チェリーの香りがします。
■味わい:
円やかで、ヴェルヴェットのような滑らかさを持ちます。ミディアム・ボディです
■栽培:
ブドウの収穫は手摘みで行われます。
■醸造・熟成:
発酵は30日間、18~20℃で、醸造は大きな樫樽で行います。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

イタリアでDOCGの格付けを獲得した最初のワインであるブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、19世紀の後半よりその地域の伝統的な方法で醸造されており世界中で名高いワインです。5~6年後にはすばらしい品質になり、その後20~40年後もの長い年月の間ピークを保ちます。
ロースト、グリル、煮こみ肉、熟成チーズに良く合います。約18℃、飲用1~2時間前に抜栓します。

■品種:ブルネッロ 100%
ブルネッロ種はサンジョベーゼ・グロッソ種のモンタルチーノ村での別名です。
■蔵元:テヌータ・カパルツォ
■容量:750ml
■色:薄いオレンジ色を帯びた輝きを持った濃いガーネット色。
■香り:豊潤で、ふくよか、複雑で熟した野イチゴを思わせる香りです。
■味わい:
辛口で、厚み、骨格があります。調和が取れ、なめらかな味わいです。デリケート、長い余韻があります。
■醸造・熟成:
2年間伝統的なオーク樽で寝かされ、その後、さらに瓶内で1年間熟成を続けます。

ネロ・ダヴォラ IGT

シチリア中北部のカステルブオノに本拠を置くサンタ・アナスタシアは90年代に彗星のごとく登場したワイナリーで、DOC指定のまったくない地域で高品質ワインを造り出しています。醸造を担当するのはイタリアを代表する“エノロゴ”(醸造家)の一人、リカルド・コタレッラです。彼は2001年のワイン・エンシュージアスト誌のワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれており、ロバート・パーカーはコタレッラのかかわったワインのほとんどに高得点を与えるなど、人気実力を兼ね備えた醸造家として世界的に有名です。
1998年は「ワイン・エンシュージアスト」で90ポイント、2000年は「ワイン・アドヴォケート」で87ポイントを獲得しています。
オードヴル、肉、魚、など幅広いお料理に合わせることができます。

■品種:ネロ・ダヴォラ 100%
■蔵元:サンタ・アナスタシア
■容量:750ml
■味わい:
ほどよいタンニンが感じられます。伝統的なシチリアワインでありながら、現代的な味わいです。
■栽培:
生産地は、サンタ・アナスタシア、カステルブオノです。収穫は9~10月に行われます。シチリアの伝統品種ネロ・ダヴォラは完熟してから収穫されますが、上質な栽培技術によりエレガントなワインを造リ出します。
■醸造・熟成:
醗酵は伝統的手法で行なわれ、最高温度28~30℃に管理されます。マセラシオンは6~10日。熟成は5~6ヶ月間フランス・アリエール産オーク樽で熟成した後、7~8ヶ月瓶熟成後、出荷します。

バルドリーノ クラシコ ロッカ アラタ D.O.C

ヴェローナの東20Km、小高いブドウ畑の丘が波打つ中に、イタリアが誇る白ワイン“ソアヴェ”の生産地であるSoaveの町があります。数あるメーカーの中にあって、カンティーナ・ディ・ソアーヴェ社は1930年に設立され、現在630に上る栽培業者によって構成されている同地区最大の協同組合です。所有するブドウ畑は2500haにのぼり、そのほとんど全部がDOCゾーンに含まれています。北西部にあるガルダ湖の東岸の方に畑があります。
18℃~20℃でお飲み下さい。パスタ、軽めの料理やサラダによく合います。毎日気軽に楽しめるワインです。

■品種:コルヴィーナ 50~65% ロンディンネッラ 10~40% モリナーラ 10~20%
■蔵元:カンティーナ・ディ・ソアーヴェ
■容量:750ml
■色:明るいルビー色。
■香り:熟れたサクランボの香りが心地良く感じられます。
■味わい:
辛口で軽やか、フルーティーな飲みやすいワインです。
■栽培:
ブドウの収穫は手摘みで行われます。
■醸造・熟成:
醗酵は20日間、19~21℃で、熟成は大きな樫樽で行います。

ブルネッロ・デイ・モンタルチーノ・リセルヴァ

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノは熟成期間5年、そのうち2年をオーク樽で熟成させ、はじめて“リゼルヴァ”と呼ぶことができます。また、リゼルヴァは最良の収穫年度のみ造られています。
5~6年後に最高の品質に達し、20~40年の長期熟成が可能です。
18℃でお飲み下さい。飲用1~2時間前に抜栓するとよりまろやかになります。ロースト、グリル、串焼きや煮こみ肉、野獣肉、熟成チーズとよく合います。

■品種:ブルネッロ 100%
ブルネッロ種はサンジョベーゼ・グロッソ種のモンタルチーノ村での別名です。
■蔵元:テヌータ・カパルツォ
■容量:750ml
■色:薄オレンジ色を帯び濃い輝きをもったガーネット色をしています。
■香り:芳醇な香り、豊かで複雑、野イチゴのような香りもします。
■味わい:
ドライで厚みがありフルボディです。調和がとれ、デリケート、すっきりとして、同時に長い余韻があります。
■醸造・熟成:
スロヴェニア産オーク樽にて3年、瓶詰め後さらに最低1年間熟成されます。

パッソマッジオ ロッソ IGT

シチリア中北部のカステルブオノに本拠を置くサンタ・アナスタシアは90年代に彗星のごとく登場したワイナリーで、DOC指定のまったくない地域で高品質ワインを造り出しています。醸造を担当するのはイタリアを代表する“エノロゴ”(醸造家)の一人、リカルド・コタレッラです。彼は2001年のワイン・エンシュージアスト誌のワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれており、ロバート・パーカーはコタレッラのかかわったワインのほとんどに高得点を与えるなど、人気実力を兼ね備えた醸造家として世界的に有名です。
2000年はガンベロロッソでドゥ・ビッッキエリ(グラス2つ)を、「ワイン・エンシュージアスト」で92ポイントを獲得。「ワイン・アドヴォケート」では99年は88ポイント、2000年は93ポイントを獲得しています。
オードブル、肉、魚介、セミ・ハードのチーズによく合います。

■品種:ネッロ・ダッヴォラ 80% メルロー 20%
■蔵元:サンタ・アナスタシア
■容量:750ml
■味わい:
醸し期間を長く取り、樽熟成により得られたまろやなかタンニンと、ブドウ本来の香りと第一アロマがはっきりと感じられます。なめらかで豊潤、バランスのとれたワインで熟成させることが可能です。
■栽培:
生産地はパッソマッジオ、サンタ・アナスタシア、カステルブオノです。収穫は9~10月に行われます。
■醸造・熟成:
シチリア原産のブドウ、ネロ・ダヴォラと灼熱の太陽の下で完熟させたメルロー少量の混醸です。醗酵は伝統的手法で行なわれ、最高温度28~30℃に管理されます。マセラシオンは10~13日。熟成は9~10ヶ月間フランス・アリエール産オーク新樽で熟成した後、6~7ヶ月間瓶熟成後出荷します。

シャンベルタン クロ・ド・ベーズ グラン・クリュ DLJ

<クロ・ド・ベーズ>グラン・クリュは、コート・ド・ニュイ地域の大きな村、ジュブレ・シャンベルタン村 にあります。ブドウ畑は傾斜で、標高260m-320mの間に位置しています。石灰質の土壌で、ワインに力強さと丸みを与える泥灰土が良い割合で含まれています。
長期熟成向きワインで、適切な熟成期間は最初のワインの力強さによりますが、5‐15年になります。タンニンの豊富な偉大な年は、この期間を大幅に超えて熟成できます。
シャンベルタン<クロ・ド・ベーズ>の味わいと香りの強さには、大変こくのある、丹精に作られた料理と良く合います。羊肉の料理、ブフ・ブルギニョン、シヴェット(兔または他の猟獣肉とワインと野菜類を煮込んだシチュー)、コック・オー・ヴァン、鳥獣肉のパテ、青カビなしのこくのあるチーズ等に合います。
大きめで、長い柄のある上品なグラスでされるのが最適で、この偉大なワインが主役として引き立つことが出来ます。16-17℃でされると良いでしょう。

■品種:ピノ・ノワール 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■味わい:
力強く、タンニンや豊かなこくと程良い酸味が調和しています。色はとても濃く、カシス、赤や黒色の果実、麝香や毛皮を思わせる香り、そしてワインが熟すと甘草を思わせる香りなど、複雑な強い芳香があります。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ラ・カーザ

土壌の構成、日当たりの良さ、“ラ・カーサ”と呼ばれている単一の畑から優良ブドウのみが注意深く選別されること等により、長期の熟成に耐える格別に魅力的なワインの醸造が可能となりました。ヴィンテージにより、30~50年は熟成させることができます。
ロースト、グリル、煮こみ肉、熟成したチーズに良く合います。温度は約18℃、飲用1~2時間前に抜栓します。

■品種:ブルネッロ 100%
ブルネッロ種はサンジョベーゼ・グロッソ種のモンタルチーノ村での別名です。
■蔵元:テヌータ・カパルツォ
■容量:750ml
■色:薄いオレンジ色を帯び輝きをもった濃いガーネット色をしています。
■香り:濃密なブーケ、複雑、野イチゴ、スパイス、バニラを思わせる豊かな香りです。
■味わい:
辛口で厚みがあり、バランスは良く、風味が口中で広がり、余韻はとても長めです。
■醸造・熟成:
熟成のある期間は伝統的なスロヴェニア産オーク樽(5000~8000L)と、バリックと呼ばれる小樽(225~300L)にて最低2年間熟成されます。瓶詰め後、15ヶ月間熟成します。