ワイン種類

ポッジオ アル マンドルロ(IGT Toscana)

サンジョヴェーゼ80% カナイオーロ/コロリーノ/マルヴァジア・ネラ20%
■蔵元:Castello del Trebbio (Rufina地区)[カステッロ・デル・トレッビオ]
かの有名なメディチ家暗殺を企てたパッツィ家によって1184年に建てられた古城を、当時の佇まいを残して改築した由緒あるカンティーナ。歴史の流れで城はメディチ家の手に渡り、年月を経て、1968年に現在のオーナーであるバイ=マカリオ家が購入した。栽培・醸造を手掛けるステファノ=マカリオ氏の追い求めるワインは“食事に合う“エレガントさのあるワイン。

サントネ- クロ ド マルト ブラン DLJ

サントネー村はコート・ド・ボーヌの南部にあり、北にシャサーニュ・モンラッシェ村があります。7haのクロ・ド・マルトはルイジャド社のモノポール(独占畑)で、《Sous la Fee(妖精の下)》と呼ばれる“クリマ”の中にあります。クロ・ド・マルト畑の内、6haはピノ・ノワール種でルージュを生産、1haはシャルドネ種でブランを生産しています。サントネーの白はとても希少なワインです。村の高い部分には石灰質の湧き水がよく見られ、良く灌漑されています。土壌は粘土‐石灰質です。《トロワ・クロワ》という山の麓の小さい谷間にあり、非常に日照量が多く、風から守られています。ルイ・ジャド社では1993年から所有しています。
サントネーはゆっくり熟成し、構成されていくワインです。保存状況が良いと、普通のヴィンテージでは5~10年、偉大なヴィンテージは約20年間熟成させることができます。
前菜、クリームベースの魚料理、白身肉の料理、あまり風味の強くないチーズに、大変良く合います。また、付けあわせに軽くキノコをのせた、シンプルに炒めたクルミ大の帆立貝と合せれば、そのおいしさに無言ではいられないでしょう。

■品種:シャルドネ100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■味わい:
クロ・ド・マルト ブランは、ミネラル分があり、また白い果肉のある果物を思わせるような香りを放ちます。良い骨格を持ち、そのため心地良く熟成させることができます。
■醸造・熟成:
樽醗酵され、その後14ヶ月間樽で熟成されます。

サン・トーバン ブラン

サン・トーバンのブドウ畑は、コート・ド・ボーヌ西の高台にあり、北のオーセイ・デュレスに始まりサントネーまで広範囲を見渡せます。その中で、同じくらいの小区域が2つあり、それらは直角に接しています。1つは白亜質の石灰岩質で覆われており、南と南東を向いています。もう一方は土壌は砂利や粘土も含み、より涼しく、より東向きの畑です。5年~8年は熟成・保存させることができます。
上質な料理、クリームを使った魚料理、薄めのタルトやパイ、フォア・グラ、白身肉に良く合います。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■香り:ピュリニー・モンラッシェのようなヘーゼルナッツや良い桃の香りがはっきりと感じられます。
■味わい:
ミディアム・ボディで、スマートなワインです。バランスの取れた酸味、こく、ワインの特質である熟した果実のしなやかなエキス分が調和しています。長い余韻の終わりにはすっきりとした柔らかな樫の風味が残ります。
■醸造・熟成:
樫樽で発酵され、その後瓶詰め前に、12ヶ月間樽熟成させます。

アルザス・コキヤージュ

コキヤージュはこの2品種のブレンドの結果、とても飲みやすいワインに仕上がっています。また、すばらしい゛ハウス・ワイン゛になるでしょう。
シーフード料理、生魚、焼き魚、魚介類に良く合います。アペリティフとして、またサラダや魚のパテに合わせた軽い料理にも良く、カクテルにも最適です。

■品種:シルヴァネールとピノ・ブランの混醸
■蔵元:F.E. トリンバック
■容量:750ml
■香り:シルヴァネールはワインに男性的な力強さとフルーティーさを与え、一方、ピノ・ブランはワインにまろやかさとしなやかさ、香りを与えます。
■味わい:
生き生きとして新鮮で、辛口ではありますが、ほのかにフルーティな香りを漂わせ、ボディは決して強すぎることはありません。口に含んだ初めの印象そのままに、正直で率直なワインだといえるでしょう。自然の酸味と2つの品種の果実味とが、ほどよいバランスを保っています。

アルザス・コキヤージュ
created by Rinker

カ デル パッツオ D.O.C

旧カパルツォの地図によると、現在カパルツォとして知られているその場所は、かつては“カパッツォ”または“カ・デル・パッツォ”(”Ca del Pazzo”=”House of the crazy man”)と呼ばれていました。テヌータ・カパルツォはこのワインにこの場所の古い名前をつけ、高品質なI.G.T.ワインを造りました。ブルネッロとカベルネ・ソーヴィニョン種のブレンドです。
ヴィンテージにより10~15年熟成させることができます。
ロースト、グリルミート、トリュフベースの料理、マッシュルーム、濃厚な魚貝スープ、熟成したチーズに良く合います。約18℃、飲用30分前に抜栓します。

■品種:ブルネッロ(サンジョヴェーゼ) 50%
カベルネ・ソーヴィニョン 50%
ブルネッロ種はサンジョヴェーゼ・グロッソ種のモンタルチーノ村の別名です。
■蔵元:テヌータ・カパルツォ
■容量:750ml
■色:輝きのある紫色を帯びた濃いルビー色をしています。
■香り:豊潤で特長的です。熟したブラック・ベリーやリコリスの根に似たような香りを持ち、モレロ・チェリーのジャム、ホワイト・トリュフ、スパイス、バニラを思わせます。
■味わい:
滑らかな辛口で、厚みがあり、しっかりとした骨格があります。煎ったアーモンドのような風味を持ち、力強く、気品があり、ビロードのような滑らかさを持ちます。
■醸造・熟成:
フランス産のオーク小樽(バリック、225~300L)で18ヶ月間熟成後、瓶詰めし、最低12ヶ月間瓶熟成します。

モーゼルターラー クー・ベー・アー

モーゼルターラーはモーゼル・ザール・ルーヴァー地域で造られるQbAクラスワインです。ライン地域のリープフラウミルヒに匹敵します。
温度は8~10℃です。

■品種:モーゼルターラーの品種はリースリング、ミュラー・トゥルガウ、エルプリング、ケルナーの4品種に限定されています。
■蔵元:トリアー
■容量:750ml
■香り:香りは芳醇で繊細な酸味と独特なスパイスの風味が感じられます。
■味わい:
フルーティーでなめらかな口当たりのバランスの良い、若々しいワインです。

モーゼル・ザール・ルーヴァーのワイン

1755 Estd ヴァン・ド・ペイ・ドック

■品種:メルロー 100%
■蔵元:リガル
■容量:750ml
■味わい:
濃い真紅、赤い小さい果実のアロマ、果実味に富んだ、まろやかで口当たり、バランスのとれたワインです。
■醸造・熟成:
伝統的醸造方法で醸造され、パルナックにあるリガル社で元詰しています。

モレ サン・ドニ

コート・ド・ニュイ地区の中心部分に位置し、グラン・クリュを生産するのに最適な地区にあります。土壌は石灰質で、部分的に岩石、泥灰土、砂、赤泥土、小石が含まれる東向きの畑です。
ルイ・ジャドのモレ・サン・ドニはゆっくりと開き、5年~10年の間に熟成がちょうど良い段階に達し、20年までは熟成し続けます。熟成による変化は、芳醇で優雅なものから、あるワインはとても女性的な柔らかいものに、またあるワインは少し男性的な力強いものになります。
温度は15℃か16℃が良いでしょう。赤身・白身肉の上品なロースト、香辛料のきいた猟肉、ソースのある肉料理、あらゆるチーズに良く合います。

■品種:ピノ・ノワール 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■味わい:
モレ・サン・ドニのワインは大変色づきが良く、小さめな赤色フルーツや、黒系(野生のサクランボ、カシス)のフルーツという濃厚な香りを放ちます。
このワインは、こくがあると同時に、隣接するシャンボル・ミュジニーの繊細さを持ち、またジュブレイ・シャンベルタンの力強さとしっかりした構成を持っています。

サンタ ムール ドメーヌ デ クロ

ドメーヌ・デ・クロの畑はジュリエナ村に近いベッシ村の丘の麓と、サン・タムール村の丘の中腹に位置します。この小さなドメーヌはブドウ栽培者1人で経営され、4.5haの畑を所有しています。
Saint-Amourとは゛聖なる愛゛という意味です。5~7年は熟成・保存させることができます。
温度は14℃~18℃が最適です。ボージョレの伝統的な料理のアンドゥイエットと最高に相性が良く、また赤身肉のロティ、それほど強くない風味のチーズに合います。

■品種:ガメイ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■色:濃いルビー色。
■香り:牡丹、イチゴ、時にはキルシュや、スパイシーな香りも感じられます。
■味わい:
口当たりが良く、絹のような舌触りです。あまりのワインの柔らかさに、その味わいがきっと心に残ることでしょう。

シルヴァネール

この品種はオーストリアが原産の品種です。アルザスにはおそらく17世紀に持ち込まれました。
アペリティフとして、またシーフードとあわせて、非常に美味しいワインです。また、アルザスの名物料理のシュークルートやソーセージとも楽しめます。ピクニックやテラスでの食事に最適です。

■品種:シルヴァネール 100%
■蔵元:F.E. トリンバック
■容量:750ml
■香り:軽やかな果実の自然な香り。熟成すると少し土の香りが出てきます。
■味わい:
軽やかなボディとみずみずしい果実をほおばったような味わいです。
■栽培:
アルザスのシルヴァネールは、13000haのうち、2650haに栽培されています。
■醸造・熟成:
収穫から、3~7年間楽しめますが、3年頃の若々しさが大変楽しめます。