ワイン産地

ポッジオ アル マンドルロ(IGT Toscana)

サンジョヴェーゼ80% カナイオーロ/コロリーノ/マルヴァジア・ネラ20%
■蔵元:Castello del Trebbio (Rufina地区)[カステッロ・デル・トレッビオ]
かの有名なメディチ家暗殺を企てたパッツィ家によって1184年に建てられた古城を、当時の佇まいを残して改築した由緒あるカンティーナ。歴史の流れで城はメディチ家の手に渡り、年月を経て、1968年に現在のオーナーであるバイ=マカリオ家が購入した。栽培・醸造を手掛けるステファノ=マカリオ氏の追い求めるワインは“食事に合う“エレガントさのあるワイン。

モンテプルチアーノ ダブルッツォ チェラスオロ “レ モルジェ“

モンテプルチアーノ100%
■蔵元: M e M (エンメ・エ・エンメ)
カンティーナの名前は、4人の共同オーナーのファミリーネーム(Mucci & Montella)の頭文字を取ったもの。この造り手のモットーは、リーズナブルでありながら、高品質で安心して飲めるワインを市場に送り出すこと。果実は手で収穫・選別され、その芳香を最大限に保つように最先端設備を用いて、厳重な管理下で醸造される。

メルロー

コクのある赤ワインです。
ステーキやバーベキューはもちろん、ロースト・ビーフ、ラム、ローストポークやイタリアン風リゾットにも良く合います。お勧めの温度は16℃です。

■品種:メルロー 100%
■蔵元:ブラウン・ブラザーズ
■容量:750ml
■味わい:
美しいプラムとベリーの特徴を持ち、新鮮な酸味とオークの香りが、絹のようなタンニンと溶け込むように調和しています。

コート・ド・プロヴァンス ロゼ

南仏プロヴァンス地方のサント・ヴィクトワール山麓にあるブーシェ・デュ・ローヌの粘土質石灰岩土壌のテロワールから、高品質なバロン・カシエは産み出されます。
特にプロヴァンス風のお料理、ラタトゥイユ、サラダ、ブイヤベースに最適です。8~10℃に冷やしてお食事と一緒にお勧めです。

■品種:グルナッシュ シラー サンソー カリニャン
■蔵元:バロン・ガシエ
■容量:750ml
■色:赤みがかったピンク色です。
■香り:花、フルーツの華やかで豊潤な香りが感じられます。
■味わい:
ロゼの柔らかさが感じられます。滑らかでふくよかなボディです。
■醸造・熟成:
ブドウを破砕し、低温にしてしばらく醸しを行った後、果皮と分離します。この短期間の醸しは“セニエ法”として知られています。

トレンティーノ・メルロ

カヴィット社は、CANTINA VITICULTORI(カンティーナ・ヴィクトルトーリ、ブドウ栽培及び醸造所の意味)の略で、トレント周辺15ヶ所のセラーから成る共同組合です。ヴェローナから北にアディジェ川を遡ると両側に急な山々が迫ってきます。そこではイタリアというよりむしろアルプス的な風景のブドウ畑が山裾にかけて続いています。純朴誠実な人々によって、その地で作られる高品質DOCワインは、近年イタリア国内だけでなく世界に向けて輸出されています。
約18℃にてお飲み下さい。飲む2時間前に開栓しておいて下さい。

■品種:メルロー 100%
■蔵元:カヴィット
■容量:750ml
■色:深紅色で、時々、ガーネット色を呈します。
■香り:非常に個性的なアロマがあり、ハーブのような香りで芳醇に仕上がっています。
■味わい:
味はドライでコクがあり、口当たりもスムーズです。

ル レーヴ ブラン ド ブラン

【スパークリング】

は、“最もエレガントなシャンパン”と称されるフランスのシャンパーニュ地方の名門テタンジェ社が、そのエレガントなスタイルをカリフォルニアでも造り出そうと、アメリカのコープランド・コーポレーションと合同で1987年に開いたワイナリーです。そのワイナリーは、テタンジェが所有するシャトー・デ・ラ・マルケトリーのデザインを参考に、古典的なフランスのシャトーのエレガントなスタイルで建てられました。ブドウ畑に囲まれた小高い丘の頂に立ち、カーネロス地区の美しい丘陵地帯が見渡せます。
ラベル画像のヴィンテージと現行ヴィンテージは違います。
ワインメーカーは世界で最も牡蠣にあうワインだと信じています。また、様々な魚介類、鶏肉料理、フィレ・ミニヨンにも驚くほど良くあいます。アジア系料理にも非常によくあいます。

■品種:ピノ・ノワール 約45%、シャルドネ 約55%
(カーネロス産100%、1998ヴィンテージ100%)
■蔵元:ドメーヌ・カーネロス
■容量:750ml
■味わい:
シトラス、ライム、メロン、西洋なし、炒ったナッツ類を思わせる香りがします。エキゾチックなスパイスやアーモンドの風味が加わり複雑さが増します。余韻は長く、とてもクリーミーです。
■栽培:
手摘みで収穫。ダメージを防ぐため浅い箱に移され、その後すぐに圧搾が行われます。3つの畑の区画から収穫されます。一つは同ドメーヌがある周囲の畑(45HA)で、2/3がシャルドネ種、1/3がピノ・ノワール種が植えられています。二つ目の畑はドメーヌ・ド・ラ・ポンパドール(20HA)でピノ・ノワールのみです。3つ目の畑はラ・ロカイユ(11HA)でピノ・ノワールのみです。
■醸造・熟成:
ドメーヌ・カーネロスのスパークリングは一番絞りだけが使われます。最初の醗酵は圧搾後すぐに温度コントロールされたステンレススティールタンクで行われます。最終的なブレンドが決定されるまで、それぞれのタンクに置かれます。ブレンドを決定してワインが瓶詰めされ、ボトルはセラーに運ばれます。ワインは伝統的シャンパンの製法と同じく、瓶内二次醗酵に移ります。完璧な熟成に至るまで3年間熟成させます。

ドメーヌ・カーネロス ル・レーヴ ブラン・ド・ブラン [ 2012 白ワイン 辛口 アメリカ合衆国 750ml ]

DM・ド・ラ・フェランディエール メルロ2005

収穫は機械で行う。

伝統的な醸造方法を用いる。
果実味を保持し、品種の特長や色あいを得るため低温浸漬(マセラシオン ア フロワ)を約5日間行う。
10日間果皮浸漬で発酵を行う。最低9ヶ月間タンクで熟成。

ガーネット色で赤い果実の香りが心地よいワイン。丸みがあってエレガントでバランスが良い。

<< ヴァン・ド・ペイ特集ページへ

ヘンケル・トロッケン ドライ・セック

【スパークリング】
ヘンケル&ゼーンライン社は、1832年にマインツで創業され、ドイツのスパークリングワインを代表するワイナリーとして、常に最高のゼクトを送り出しています。ヘンケル・ゼクトは現在、ヘッセンの州都ヴィーナスバーデンの本社より世界90カ国に輸出され、それぞれの市場で、フランスのシャンパンに匹敵する高い評価を得ています。
6℃~8℃で冷やしてお飲みください。お洒落だが、気取らないパーティーなどにどうぞ。

■品種:フランス産シャルドネ
ソーヴィニヨン・ブラン
フランス産ピノ・ノワール
ソミュール地域のシュナン
■蔵元:ヘンケル・ゼーンライン
■容量:750ml
■色:緑がかった淡い黄色です。
■香り:やさしい花のような香りと洋なしのような香りが、きめ細かい泡とともに薫り立ちます。
■味わい:
十分に熟成したエレガントでバランスの良い辛口です。きめの細かいムース状の泡が長持ちします。

ボーヌ プルミエ・クリュ ”ブレッサンド” DHL

ボーヌのブドウ畑は、コート・ド・ボーヌ地域で最も広く、北はサヴィニー・レ・ボーヌ、南はポマールと接しています。コート・ド・ボーヌのブドウ畑の中で、最大の面積のあるボーヌに、グラン・クリュはありませんが、36のプルミエ・クリュがあります。《レ・ブレッサンド》は、ボーヌ・プルミエ・クリュの北方の畑の一部分で、小高い丘の上にあり、《レ・トゥッサン》を南下に、《レ・サン・ヴィーニュ》と《レ・フェーヴ》の畑が東方にあります。ブレッサンドは一般的に最も繊細なプルミエ・クリュの一つとみなされています。
このプルミエ・クリュのワインは、大半の肉料理と合い、それらはシンプルに調理されても、ソースを使った料理でも良い。また同じく、ほとんどの種類のチーズに合います。

■品種:ピノ・ノワール 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■味わい:
ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャドのボーヌ《ブレッサンド》は、薫り高いワインで、骨格のしっかりとした、豊かな果実味を持つワインです。柔らかい構成を持ち、大変こくがあり、余韻は優雅に、そして絹のように滑らかです。

ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ グラン・クリュ

ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ グラン・クリュ畑はピュリニー・モンラッシェ村の中のシャサーニュ・モンラッシェ村の近くにあります。畑はバタール・モンラッシェに接しています。東向きで白亜質土壌で、表層には白亜質を多く含んでいます。また、ピュリニー・モンラッシェ村は、コート・ド・ボーヌ地域のムルソー、ブラニー、シャサーニュ・モンラッシェ、ピュリニー・モンラッシェの4つの村で形成する ”コート・デ・ブラン(白の丘)”の中心にあります。卓越した品質の白ワインを産するために“コート・デ・ブラン”と名付けられました。
ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェは熟成に向いているワインです。温度と湿気などの保存状態が良ければ、10~20年熟成させることができ、良いヴィンテージになるとそれ以上可能です。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■香り:芳醇で、果実から花、マッシュルームやスパイスに至るまで驚くような香りを放ちます。
■味わい:
ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェはフル・ボディのワインです。豊かで力強く、しっかりとした骨格があり、余韻も非常に長くあります。バタール・モンラッシェよりはエレガントで酸味と芳醇さのバランスが非常に良くとれています。
■栽培:
ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ畑ではシャルドネ種のみ栽培しています。
■醸造・熟成:
ブドウは樫樽で平均18ヶ月間、瓶詰め前に発酵・熟成します。この醸造方法によって偉大な畑が産するブドウ本来の姿を一層強調しています。