チリ

カボ・デ・オルノス スペシャル・リザーブ

「カボ・デ・オルノス」とはスペイン語で南アメリカ最南端の「ホーン岬」の意味です。古くから海の難所と言われ、周辺の海は世界中で最も野生的なところと言われています。“ナチュラル、野生的、未征服、より強く、深く、果てしなく遠い”といったイメージを持つホーン岬の名前をこのワインに冠しました。
5年から7年が飲み頃、またそれ以上の熟成も可能です。

■品種:カベルネ・ソーヴィニョン100%
■蔵元:ビーニャ・サン・ペドロ
■容量:750ml
■色:深い赤紫色。
■香り:熟したベリー系果実、ダークチェリー、甘味を帯びたスパイス、コーヒー、ヴァニラなど、凝縮された香りが極めて複雑に感じられます。
■味わい:
クラシックでエレガントなカベルネ・ソーヴィニョンのスタイルで、タンニンは良く熟し、滑らかで素晴らしい骨格を持つフル・ボディのワインです。
■栽培:
平均樹齢は20年です。収穫が最も重要で、ワインの品質を左右させる作業です。そのため、とても慎重に行われ、いくつものサンプルから小さい区画に分類され、約25ブリックス(アメリカで使われている糖度の基準)に近いように、それぞれの区画を最適な時期に収穫します。ブドウは傷からくる腐敗を避けるため、20キロケースで手で収穫され、完璧な状態でセラーに到着します。そして、セレクション・ベルトに乗せながら欠点になりがちな葉や枝を全て取り除きます。
■醸造・熟成:
選果されたブドウは除梗され、小さい樫樽に入れられます。アロマ、色合い、風味を抽出するためにコールド・マセラションを48時間行います。その後、1日に2度ポンピング・オーヴァーが引き続き行われながら醗酵させ、果汁がワインに変わってから約2週間以上かけて、ブドウの皮や種と一緒に置いておきます。その後、1年半、フランス産新樽又は、1年使用の古樽で熟成させます。熟成後、ワインは卵白で清澄され、フィルターにかけないで瓶詰めされます。全ての過程において、凝縮感と自然らしさを求めています。

35サウス メルロ

“35 SOUTH”南緯35度線。
北からヨーロッパ民族の人々が、南からアメリカ民族の人々が、それぞれの暮らしの文化と伝統とを携えて住み着き、この地に根を下ろしました。似通いながらも異なる2つの文化は、やがてこの地で見事な調和と融合を果たしたのです。彼らの素晴らしさを讃えるため、サン・ペドロ社はその名も“35 SOUTH”と冠したワインを創りあげました。
“35 SOUTH”は優れた品質と美しいボトルデザインの、バラエタルワインのシリーズです。
名前からわかるとおり、南緯35度線に沿ったチリの名醸地セントラル・ヴァレーの中心部に位置する畑から生まれます。セントラル・ヴァレーは、限りない可能性を秘めたすばらしいワイン産地として、世界的な名声を得ています。

■品種:メルロー 100%
■蔵元:ビーニャ・サン・ペドロ
■容量:750ml
■味わい:
深い紫色で、甘いハーブの香りが際だち、その一方で熟れたベリーの複雑さとアメリカンオークの焦げたヴァニラの香りを兼ね備えた、柔らかいけれどもしっかりとした、メルローの特長のはきりと表れたワインです。

ガトー・ネグロ カベルネ・ソーヴィニオン

ガトー・シリーズのワインはすべて、モリーナにあるサン・ペドロ社の自社畑で手摘みで収穫されたブドウから造られます。それぞれの品種の個性を引き出すため、細心の注意を払って醸造を行い、フィルタリングは最少限にとどめています。
肉料理、特に赤身のお肉によく合います。

■品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 100%
■蔵元:ビーニャ・サン・ペドロ
■容量:750ml
■味わい:
熟れた野イチゴやチェリーの香りが最後まで味わえる、とてもスムースなワインです。

35サウス シャルドネ

“35 SOUTH”南緯35度線。
北からヨーロッパ民族の人々が、南からアメリカ民族の人々が、それぞれの暮らしの文化と伝統とを携えて住み着き、この地に根を下ろしました。似通いながらも異なる2つの文化は、やがてこの地で見事な調和と融合を果たしたのです。彼らの素晴らしさを讃えるため、サン・ペドロ社はその名も“35 SOUTH”と冠したワインを創りあげました。
“35 SOUTH”は優れた品質と美しいボトルデザインの、バラエタルワインのシリーズです。
名前からわかるとおり、南緯35度線に沿ったチリの名醸地セントラル・ヴァレーの中心部に位置する畑から生まれます。セントラル・ヴァレーは、限りない可能性を秘めたすばらしいワイン産地として、世界的な名声を得ています。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ビーニャ・サン・ペドロ
■容量:750ml
■味わい:
明るい金色で、シャルドネ特有の、品のある爽やかな香りがします。熟れたバナナやパイナップルの蜜のような風味とともに、ミネラルの程よいふくよかさも備えた、バランスのとれた味わいのあるワインです。

ガトー・ネグロ カベルネ・ソーヴィニヨン マグナム

ガトー・シリーズのワインはすべて、モリーナにあるサン・ペドロ社の自社畑で手摘みで収穫されたブドウから造られます。それぞれの品種の個性を引き出すため、細心の注意を払って醸造を行い、フィルタリングは最少限にとどめています。
肉料理、特に赤身のお肉によく合います。

■品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 100%
■蔵元:ビーニャ・サン・ペドロ
■容量:1500ml
■味わい:
熟れた野イチゴやチェリーの香りが最後まで味わえる、とてもスムースなワインです。

タバリ ソーヴィニヨン・ブラン

ぶどうは手摘みされ、ぶどうが破砕されないように20キログラムのケースに入れられます。適熟期は畑からサンプルを取って判断し、ブリックス度が22°Cに達した時にぶどうを収穫します。通常は2月中旬です。
ぶどうがセラーに運ばれると、丁寧にすばやく圧搾することで、緑がかった色を維持し、果実が持っている酸が損なわれないようにします。果汁は低温で12時間オリ下げを行い、その後別のステンレススチール製の容器に移されます。選別した酵母を加え、アルコール発酵し、18°を超えないよう常に温度管理します。
このソーヴィニヨン・ブランは、淡い緑色を帯び、フルーティな香りには柑橘系のニュアンスがあり、大変エレガントで、フレッシュなハーブを思わせます。ほのかなミネラル感と熟したグレープフルーツのアロマが調和した味わいです。酸がしっかりしているので、フレッシュな余韻が非常に長く続きます。

蔵元:ビーニャ・タバリ
種類:白
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
容量:750ml

ビーニャ・タバリは、Vina San Pedor Agricola とGanadera Rio Negro Ltda.のジョイントベンチャーにより、2003年8月に設立されました。同社はチリ北部で最高のワインを目指し、1993年にすでにプロジェクトは開始されておりました。アカタマ砂漠や海に近い温暖で夜は涼しいことから、ゆっくりと葡萄が成熟し、複雑性に富み、力強さと上品さがあるワインが造られます。

タバリ ソーヴィニヨン・ブラン
created by Rinker

ガトー・ネグロ ソーヴィニオン・ブラン

ガトー・シリーズのワインはすべて、モリーナにあるサン・ペドロ社の自社畑で手摘みで収穫されたブドウから造られます。それぞれの品種の個性を引き出すため、細心の注意を払って醸造を行い、フィルタリングは最少限にとどめています。
どんな食事の席でも楽しめますが、特にシーフードにぴったりです。9℃位に冷してお飲み下さい。

■品種:ソーヴィニョン・ブラン 100%
■蔵元:ビーニャ・サン・ペドロ
■容量:750ml
■味わい:
ライチやグアヴァのエキゾティックな香りあふれる、爽やかでしっかりした味わいのワインです。

タバリ シャルドネ・レセルバ・エスペシアル

ビーニャ・タバリは、Vina San Pedor Agricola とGanadera Rio Negro Ltda.のジョイントベンチャーにより、2003年8月に設立されました。同社はチリ北部で最高のワインを目指し、1993年にすでにプロジェクトは開始されておりました。アカタマ砂漠や海に近い温暖で夜は涼しいことから、ゆっくりと葡萄が成熟し、複雑性に富み、力強さと上品さがあるワインが造られます。

澄んだ黄金色で、フレッシュで、しっかりした複雑性のある香りがします。
ミネラル感のあるアロマがエレガントに漂い、ほのかに蜂蜜や柑橘類の香りがします。熟成による滑らかさを感じさせ、バランスのよい酸とバターの心地よいニュアンスがあります。余韻にはトーストしたようなアロマが残ります。

蔵元:ビーニャ・タバリ
種類:白
品種:シャルドネ100%

タバリは生産1年目にして30個もの国内外の賞を受賞し、「First Annual Wines of Chile Awards」を受賞し、2つのワイン、シャルドネ・スペシャル・リザーブ2003およびシラーズ・リザーブ2002に、それぞれのカテゴリーで最高の賞を授与しました。その他に、インターナショナル・ワインチャレンジ2005でシャルドネが金賞を受賞し、シラーズがデキャンタ・ワールドワイン・アワード2005(英国)でトロフィー、ワイン&スピリッツ誌(米国)で92点を獲得しました。

ガトーネグロ ロゼ

ガトー・シリーズのワインはすべて、モリーナにあるサン・ペドロ社の自社畑で手摘みで収穫されたブドウから造られます。それぞれの品種の個性を引き出すため、細心の注意を払って醸造を行い、フィルタリングは最少限にとどめています。
食前酒やデザートワインとして最適です。

■品種:カベルネ・ソーヴィニョン 100%
■蔵元:ビーニャ・サン・ペドロ
■容量:750ml
■味わい:
ピンク色の美しい、100%カベルネ・ソーヴィニヨンのロゼワインで、フルーティな香りと繊細な甘さが魅力です。

タバリ カベルネ・ソーヴィニヨン・レセルバ

ぶどうは手摘みされ、ぶどうが破砕されないように20キログラムのケースに入れられます。適熟期は畑からサンプルを取って判断し、ブリックス度が24°~25°に達した時にぶどうを収穫します。通常は3月中旬から4月の一週目です。
ぶどうがセラーに運ばれると、発酵前の処理を3~4日間行います。その後、ステンレススチール製の容器で約26°に温度管理して発酵させます。発酵の間、毎日攪拌し、マストに色素がより多く抽出されるようにします。マストがワインに変化した後、発酵後の処理を行い、アロマと色素の抽出を促進します。
その後、ワインはフレンチオークとアメリカンオークの樽で12ヶ月熟成されます。樽熟成の期間を経た後、卵の白身で清澄し、軽く濾過して瓶詰めします。さらに6ヶ月間瓶熟成してから出荷されます。
濃い赤みがかったルビー色でややレンガ色を帯びています。アロマは強く洗練されていて、しっかり成熟した果実を思わせ、メンソールやユーカリのような特徴もあります。ミディアムボディで、樽熟成によるトースト香とバニラの香りが見事に調和しています。骨格のしっかりしたワインで、滑らかで丸みがあり、いつでも楽しめます。

蔵元:ビーニャ・タバリ
種類:赤
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン100%
容量:750ml

ビーニャ・タバリは、Vina San Pedor Agricola とGanadera Rio Negro Ltda.のジョイントベンチャーにより、2003年8月に設立されました。同社はチリ北部で最高のワインを目指し、1993年にすでにプロジェクトは開始されておりました。アカタマ砂漠や海に近い温暖で夜は涼しいことから、ゆっくりと葡萄が成熟し、複雑性に富み、力強さと上品さがあるワインが造られます。