若いオーセイ・デュレス村は、北をヴォルネイとモンテリー(赤ワインを産する)に、南をムルソー(白ワインを産する)に接しています。ブドウ畑は南南西向き、標高は260~360Mになります。白ワインに適した、石灰を含む泥灰岩質土壌から造られます。AOCオーセイ・デュレスは赤・白双方を生産しています。時の柔らかさを高く評価することもでき、また、カーヴで約10年熟成させた後も大いに評価できるワインです。
若いオーセイ・デュレス・ブランには、オーブンで焼いた魚や、クネル(魚のすり身料理)、ハム・ソーセージ類との相性が最高です。より熟成されたものには、クリームで調理された魚類や家禽肉に良く合います。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■香り:りんごや新鮮なアーモンドの香りです。
■味わい:
オーセイ・デュレス ブランはとても澄み切っていて、かすかに金色や緑色を呈しています。

おすすめの記事