コート・ド・ニュイ地区の中心部分に位置し、グラン・クリュを生産するのに最適な地区にあります。土壌は石灰質で、部分的に岩石、泥灰土、砂、赤泥土、小石が含まれる東向きの畑です。
ルイ・ジャドのモレ・サン・ドニはゆっくりと開き、5年~10年の間に熟成がちょうど良い段階に達し、20年までは熟成し続けます。熟成による変化は、芳醇で優雅なものから、あるワインはとても女性的な柔らかいものに、またあるワインは少し男性的な力強いものになります。
温度は15℃か16℃が良いでしょう。赤身・白身肉の上品なロースト、香辛料のきいた猟肉、ソースのある肉料理、あらゆるチーズに良く合います。

■品種:ピノ・ノワール 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■味わい:
モレ・サン・ドニのワインは大変色づきが良く、小さめな赤色フルーツや、黒系(野生のサクランボ、カシス)のフルーツという濃厚な香りを放ちます。
このワインは、こくがあると同時に、隣接するシャンボル・ミュジニーの繊細さを持ち、またジュブレイ・シャンベルタンの力強さとしっかりした構成を持っています。

おすすめの記事