アロース・コルトンはコート・ド・ボーヌの北部にあります。北にペルナン・ベルジュレス村、北西にラドワ村、南東にサヴィニー・レ・ボーヌ村があります。畑は段状になっており、標高は250M~350Mで、東から、南または南東に向きで、太陽の恩恵を受けています。土壌は粘土-石灰質です。良い保存状況で約10年熟成できます。
赤身肉を焼いた料理、またはソースのある赤身肉料理、猟禽肉や、風味のさほど強くないほとんどのチーズと良く合います。

■品種:ピノ・ノワール 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■色:深い色合いで輝きがあります。
■香り:香りは小ぶりの果実(カシスやサクランボ)を思わせ、ワインが若い頃はスパイスやトリュフ、熟成するにつれ皮革の香りも感じられます。
■味わい:
ワインはしっかりとして、上品、タンニンがやや多めです。

おすすめの記事