1996年にルイ・ジャド社が購入したシャトー デ ジャックは、おそらくボージョレで最もプレスティージの高い生産者です。シャトー・デ・ジャックは、ボージョレの10クリュの中心にあるロマネッシュ・トラン村の約36haの畑を所有し、そのうち9haのグラン・クロ・ド・ロワズ畑にシャルドネ種が植えられています。この畑から造られる白ワインは2つのAOC、ボージョレ・ヴィラージュ・ブランとマコン・ブラン・ヴィラージュのどちらかを選択することができます。
保存環境が良ければ、5年間は熟成が楽しめます。 ボージョレ・ヴィラージュの総生産量の約10%が白ワインです。
アペリティフやシーフード、ハムやソーセージと一緒に楽しめます。

■品種:シャルドネ 100%
■蔵元:ルイ・ジャド
■容量:750ml
■味わい:
軽やかで果実味たっぷり、辛口でありながらデリケートな味わいです。とてもチャーミングなワインです。
■醸造・熟成:
ステンレスタンクで醸造・熟成されます。

おすすめの記事