コルナス村は、ローヌ川の右岸、サン・ジョゼフの南にあります。その内、“gore”とその土地でよばれる花崗岩の風化した土壌と、ローヌ川の沖積土で石灰質粘土土壌と、二つにまたがっています。

■品種:シラー 100%
■蔵元:M. シャプティエ
■容量:750ml
■色:紫色が映える、濃いガーネット色。
■香り:とても熟した果実の香り、木苺やカシスのジャムを思わせます。
■味わい:
桑の実や、スパイシーな香り。濃密感のある上質のタンニンが、力強い ボディを作り出しています。
■栽培:
ブドウの収穫は手摘みで行われます。
■醸造・熟成:
伝統的な木製の開放槽で醸造し、1日2回のピジャージュを行います。発酵は10日間ほどにわたり、その後、10~15日間の醸しが行われます。マロ・ラクティック発酵の後、樫の小樽にて12~14ヶ月間熟成させ、ワインの清澄はスーティラージュにより行われます。

おすすめの記事