平均樹齢約26年で収穫量を抑えている。
機械にて収穫。伝統的な醸造方法を用いる。
果実味を保持し、品種の特長や色あいを得るため低温浸漬(マセラシオン ア フロワ)を最長で12日間行う。これはタンニンを攻撃的なものでなく、丸みのあるものにする効果も期待できる。

ガーネット色で赤い果実の香りが心地よいワイン。
品種からくる特徴的な香りももちつつ、グロゼイユや赤い果実の香りがあり、丸みがあってバランスが良い。

<< ヴァン・ド・ペイ特集ページへ

おすすめの記事