トップページ >> 人気ワインリスト >> レ パゴド ド コス[2003]

レ パゴド ド コス[2003]

レ パゴド ド コス[2003]
シャトー・コス・デストゥルネルのセカンドラベルです
1998年は良いビンテージで、特にメルロー種にとっては大変良い年となっています。美しいルビー色をしており、凝縮感とフレッシュで輝くような果実味があり、長いフィニィッシュが楽しめます。

■産地:フランス・ボルドー、メドック
■統制産地呼称:AOCサンテステフ
■生産者:ジャン・ギョーム
■アルコール度数:15%未満
■テイスト:ミディアムボディ
■メインぶどう品種:カベルネ ソーヴィニヨン
■容量:750ml

シャトーは中国と仏教建築を融合した様式が特徴となっており、このセカンドの名称の“パゴド”も建物のシンボルマークでもある東洋風の“塔(パゴダ)”にちなんでいます。
ポイヤックとの村境の直ぐ北で、ラフィット・ロートシルトを見下ろす丘の上という好立地にあります。ファーストラベルのコスに使用されるブドウの樹齢が、カベルネソーヴィニヨンが21〜35年、メルローが21〜70年に対し、レ・パゴドは樹齢11〜20年のブドウが使用されています。
製造過程においても、ファーストラベルのコスとは新樽使用率が異なり、ヴィンテージによって違いはあるものの、レ・パゴドの方が使用率が低くなっています。レ・パゴド・デ・コスは94年が初ヴィンテージで、サンテステーフの重い粘土質の土壌に由来する力強いボディと、華やかな果実味、スパイシーな風味がバランスをとった心地よいワインです。


会員登録で毎月ワインが当たる! メルシャン「ワインすき!」
copyright(c) 2011 CONVINO All rights reserved.