トップページ >> ワインベースのカクテル

ワインベースのカクテル

カクテルとは、「お酒+サムシング(何か)」です。この「サムシング(何か)」には、ジュースや他のお酒などが当てはまり、要はお酒に何らかの材料を混ぜればカクテルとなるのです。
現在、ワインの特性を活かしてつくられるカクテルは世界中で愛飲されています。CONVINOでは、世界的に人気のあるワインカクテルを紹介します。

赤ワインベースのカクテル

カーディナル

CARDINALカーディナル

■赤ワイン(ボジョレー)
4/5
■クレーム・ド・カシス
1/5

ワイングラスに、冷やしたボジョレーの赤ワインと冷やしたクレーム・ド・カシスを4対1の割合で注ぎ、軽くステアする。
キールのボジョレーバージョン。赤い色が、カトリックの高位僧職者が身にまとうケープの色にそっくりなので、カーディナル(枢機卿)と名づけられた。

キティ

KITTYキティ

■赤ワイン
1/3
■ジンジャエール 
2/3

氷を入れたタンブラーにタンブラーに、冷やした赤ワインと冷やしたジンジャーエールを1対2の割合で注ぎ、ごく軽くステアする。
キティとは、女性な名キャスリーンの愛称。また幼児用語で子猫の意。

レッド・ワイン・クーラー

RED WINE COOLERレッド・ワイン・クーラー

■赤ワイン
90ml
■オレンジジュース 
20ml
■シュガーシロップ 
1tsp
■ソーダ水 
適量

氷を入れたタンブラーに、上記材料を順に注ぎ、軽くステアする。

白ワインベースのカクテル

キール

KIRキール

■白ワイン(ブルゴーニュ・アリゴテ)
4/5
■クレーム・ド・カシス
1/5

ワイングラスに、冷やした白ワインと冷やしたクレーム・ド・カシスを4対1の割合で注ぎ軽くステアする。
1945年第2次世界大戦終結直後、ブルゴーニュ地方ディジョン市の市長になったキャノン・フェリック・キールが、ブルゴーニュ地方の特産酒2種類を使って市民たちに愛飲するよう提唱したのが始まり。キールは市長の名にちなんで名づけられた。

スプリッツァー

SPRITZERスプリッツアー

■白ワイン(辛口)
3/5
■ソーダ水
2/5

氷を入れたゴブレットに、冷やした白ワインと冷やしたソーダ水 を3対2の割合で注ぎ、ごく軽くステアする。
アルコール度も味わいも軽やか。オーストリアのザルツブルク で生まれた。スプリッツアーとは、ドイツ語SPRITZEN(はじける) に由来する。

マルキ

MARQUISマルキ

■白ワイン(ミュスカデ)
3/4
■クレーム・ド・カシス 
1/4

ワイングラスに、冷やしたミュスカデと冷やしたクレーム・ド・カシスを3対1の割合で注ぎ、軽くステアする。
キールのロワール版というべきカクテル。ミュスカデの代わりにロワール(サンセールなど)のソーヴィニョン種ワインを使っても良い。その場合はキール・オ・ソーヴィニョンという名前になる。

ロゼワインベースのカクテル

アフロディテ

APHRODITEアフロディテ

■ロゼワイン
5/10
■クレーム・ド・フランポワーズ
2/10
■コアントロー
2/10
■ライムジュース
1/10

シェーカーで氷と一緒にシェークしてカクテルグラスに注ぐ。
アフロディテとはギリシャ神話に登場する愛と美の女神。ローマ神話ではヴィーナスとして知られている。

シャルル7世

CHARLES VII シャルル7世

■ロゼワイン
4/5
■クレーム・ド・フランポワーズ
1/5
 

ワイングラスに、冷やしたロゼワインと冷やしたクレーム・ド・フランボワーズを4対1の割合で注ぎ、軽くステアする。
ロワール地方のシノンのレストラン“ブール・ドール”スペシャルカクテル。

マルキ

TURKISH HARLEM COOLERターキッシュ・ハーレム・クーラー

■ロゼワイン
1/3
■トニックウォーター 
2/3

氷を入れたタンブラーに、冷やしたロゼワインと冷やしたトニックウォーターを1対2の割合で注ぎ、ごく軽ステアする。レモンスライスを飾っても良い。

ロゼ・コリンズ

ROSE COLLINSロゼ・コリンズ

■ロゼワイン
60ml
■レモンジュース 
15ml
■砂糖 
1tsp
■ソーダ水 
適量

ソーダ水以外の材料をシェーカーの入れ、氷と一緒に軽くシェークし、コリンズグラスに注ぐ。氷2~3個を加え冷やしたソーダ水で満たし、軽くステアする。ジンべベースのトム・コリンズのロゼワインバージョン。

シャンパン(または発泡性ワイン)ベースのカクテルへ »

copyright(c) 2011 CONVINO All rights reserved.